ネッツトヨタ富山 ネッツのクラブ活動ブログ

ザ・ワンメイクレース祭り 2014 FUJI ②

| ネッツ富山レーシング


前回に引き続き、ザ・ワンメイクレース祭り 2014 FUJI をお伝えします。

今回は6月8日(日) 決勝レース当日の模様です。

金曜日から降り続いている雨は決勝の日の朝には止み、

9:35から決勝が行われるVitz123号車はドライを想定した空気圧に調整です。

出走前点検中のT長ドライバー。心なしか緊張の面持ちです。

その隣でパラソルを持つのは、今回応援参加のT島店長です。

ドライバーの緊張をほぐすためか、はたまたご自身も緊張しているのか、

何とも言えない良い表情です。(^.^)

 

いよいよコースイン。初めてコースに足を踏み入れるメンバーもいて、

スタートに向けてテンションも急上昇です。

 

 

スタート前のT長ドライバー。

37番グリッドからの追い上げと、レースの完走を期待してます。

がんばれー\(^o^)/

絶妙なスタートダッシュを決めたVitz123号車。

1週目にはいくつかポジションをアップして戻ってきました。

これはいけるぞ!!と思った矢先の2週目…….あれ!

最後尾集団の中に混ざってホームストレートへ戻って来た123号車

明らかにストレートスピードが遅い…

シケインでのブレーキングでエンジントラブルが発生したらしく、

残念ながらここからの追い上げは不可能となってしまいました。

 

何とか8週レースの完走は果たした123号車ですが、結果は完走44台中の44位

ほろ苦いチェッカーフラッグとなってしまいました。

 

気を取り直して、午後からの86レース決勝に挑みます。

 

45台で争う決勝Aレース。86 123号車は43番グリッドからポジションアップを狙います。

前日までの雨で、ドライで走るのはぶっつけ本番。他車とのセッティングの違いが気になるところ…

無事にスタートを決めた86 123号車は順調に周回を重ねます。

我々応援チームは観戦場所をシケインに移動し、我らが86 123号車を見守ります

 

 

 

スピンが多発する荒れたレースの中、86 123号車は安定した走行を続け順調にポジションアップ。

10周のレース後半にはタイヤのグリップダウンに苦しみましたが、チエッカーを受けた時には

ポジションを4つ上げて39位でゴール。

 

M本ドライバー、お疲れ様でした(^^ゞ

今回のレースにでは、今年入社したばかりの本店サービス所属のY井君が、

エンジニアとして初めて参加しました。

感想を尋ねると、「最初はとても緊張しましたが、色んな86が見れて興奮しました。

チームワークの大切さを改めて感じる事が出来てとても勉強になったし、とても楽しかったです。

機会が有れば是非また参加したいです。」とのこと。

普段の仕事にも一生謙命なY井君。これからはレース活動でも即戦力の若い力として

活躍を期待してますよ~!(^^)


ザ・ワンメイクレース祭り 2014 FUJI ①

| ネッツ富山レーシング


6月6日~8日 静岡県富士スピードウエイで開催された 「ザ・ワンメイクレース祭り 2014 FUJI」

へ行ってきました。

今回、ネッツ富山レーシングクラブからは、Netz Cup Vitz へ出場する、Netz富山SP Vitz の1台

GAZOO Racing 86/BRZ Raceへ出場する、Netz富山Racing86とモダンガレージ86 の2台

合わせて3台での参加です。

スポーツ走行が行われる初日から、静岡地区はあいにくの雨。

7日の予選と8日の決勝の天候が読めない為、どのようなセッティングにするか

熱い議論が交わされました。

雨の中の走行に備えてFガラスに撥水処理や曇り止めを塗るなど、エンジニアも大忙しです。

 

予選が行われた土曜日はやはり雨、一時は予選中止が危ぶまれる程の大雨でした。

無事に3台ともクラッシュすること無く予選終了。

Vitzの123号車は37位、86の123号車は2組の22位で予選通過。

モダンガレージの86、33号車は2組の33位と残念ながら予選は不通過でしたが、

土曜日に行われる決勝Bへ出場します。

決勝Bで33号車は、33台中17位で無事完走を果たしました。

Vitzの予選終了後、うれしいサプライズがありました。

今回のレースの出場者の中で一番遠方からの出場者に贈られる「グッドトリップ賞」を、

Netz 富山 SP Vitz のドライバーT長君が受賞しました(^.^)

 

次回 決勝へ続く。