ネッツトヨタ富山 ネッツのクラブ活動ブログ

NETZ TOYAMA Racing 86/BRZ レース 最終戦鈴鹿サーキット 決勝結果

| ネッツ富山レーシング


決勝レース結果

36位→20位/40台

予選は36位と思うような結果が出なかった♯123。

昨日までのドライコンディションと変わって、今日は雨です(+_+)

荒れるレースが予想されます。

富山からも応援が来て気合十分で♯123は、36番グリッドからスタートしました。

スタート直後、案の定1コーナーからダンロップコーナーでスピン&クラッシュが多発し♯123も巻き込まれますが、辛うじて回避することに成功します。

雨の量が多く、少しでも走行ラインを外すとコントロール性を失いスピンする様な状況でした。

しかし、序盤のクラッシュを何とか回避した♯123は、怒涛の追い上げで20位でチェッカーを受けます。

上位陣で数台リタイヤがあったものの、16番手もポジションアップするとても素晴らしい走りでした。

沢山のご声援ありがとうございました。

シリーズ戦は今回で最後ですが、次回は12月に富士スピードウェイで開催されるドリームカップ6時間耐久へ参戦します。

昨年の結果は、3位だったので今年も表彰台目指して頑張ります。





NETZ TOYAMA Racing 86/BRZ レース 最終戦鈴鹿サーキット

| ネッツ富山レーシング


今回は、86レース最終戦へ参加の為 三重県の鈴鹿サーキットへ来ています。

昨日の練習走行では、不慮のマシントラブルにより走行枠2本のうち1本がまともに走行出来ませんでした(+_+)

マシンセッティングも思うようにいかず非常に厳しい初日でした。

NETZ TOYAMA Racing ♯123が参戦しているプロフェッショナルシリーズのエントリー台数は43台。

スターティンググリッドが40台なので3台は予選落ちするレースとなります。

先ほど、公式予選が終わりまして♯123は36位/43台。

自己ベストタイムを1秒以上更新する2分33秒800を叩き出すも、続々と後続車が好タイムをマーク!!

コースレコードも続出するハイレベルなタイムアタックでした。

ポールポジションは、♯60服部選手です。
2度目のチャンピオンに大手です。

明日は、13時30分より決勝レースです。
1台でも前へ行けるようベストを尽くしたいと思いますので、皆様応援お願いします。



NETZ TOYAMA Racing TRD Rally challenge in 新城

| ネッツ富山レーシング


前回の高岡大会に引き続き、TRD Rally challenge in 新城に参戦しました

高岡大会ではクラス3位入賞だったNETZ TOYAMA Racing

今回も上位入賞を目指します

今回のメンバーはBSC 野村&高岡店 山田

初参戦のコ・ドライバー山田はラリー自体が初めて・・・

「コ・ドライバーは初心者ばっかりかい!!」

と突っ込みを入れる方もいらっしゃるでしょう・・・ カンベンシテクダサイ

目標は高く!!

優勝をめざし練習を重ねてきましたが、本人も若干不安そう

新城は全日本ラリーも走行するタフなコース

3速4速中心のハイスピードコースに加え、つづら折れの低速コースなど

初心者にとってはハードルがかなり高いようですが大丈夫でしょうか・・・

新城大会はSSが4つ

前半の2つを終えてクラス5位、VITZが遅いのではなく敵が速い!!

後半で逆転を狙います

最後のSSで息がぴったり合った二人

スーパーアタックを見せるも、前を走るマシンが事故により立ち往生!!

大きくタイムをロスします・・・

ドキドキの表彰式で呼ばれたのは、なんとクラス3位

しっかりと入賞してきましたよ~

今シーズンのラリー活動はこれで終了

来年の参戦予定が決まり次第報告いたします

これからも応援よろしくお願いします!!

順位表はこちらをクリック

TRDさんの新城レポートはこちらをクリック

迫力の車載映像はこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


NETZ TOYAMA Racing VITZ Race 決勝結果

| ネッツ富山レーシング


昨日に引き続き晴天に恵まれた、ここ富士スピードウェイですが10:45より決勝レースがありました。

♯123 VITZは、昨日の予選結果により29番グリッドよりスタートです。
コースインと同時に富山から来た応援組と一緒に記念撮影!!

ブラックアウトスタートと同時に45台が一斉に1コーナーへ飛び込みます。
♯123は、アウト側から果敢にアタックし1台オーバーテイクすることに成功。

その後、上位陣2台がトラブルによりレースが出来なくなり、26位へ上昇。
8周で行われる決勝レースですが、各車後半タイヤのグリップ力低下により苦しい戦いを強いられます。
そんな中♯123は、着実に1台づつオーバーテイクし23位でチェッカーを受けました。
優勝は、♯4 北田選手です。おめでとうございます♪

今年のVITZシリーズ戦は、今回で最後となりますが
次回は12月に毎年恒例のドリームカップ6時間耐久レースへ参加します。
無事に6時間走りきれるようチームクルー全員で頑張ります。
皆さん応援お願いいたします。