ネッツトヨタ富山 ネッツのクラブ活動ブログ

ビフォーアフター

| サイクリングクラブ


サイクリング部です!2016年ネッツ富山サイクリングクラブは、ライドの計画を立てるも「雨」による中止の繰り返しで思うように活動できてない…

気づけばもう年末…
そしてシーズンオフに突入。
なんてダメですね。

なんかせんなん…活動・活動!

そうだ!集まって洗車しよう!!年末やし!!!

ということで今回は3人集まって洗車会を行いました。

1台目 クロスバイクは、ささっと終了

2台目 去年購入し、今日までノーメンテナンスのロードバイク
before

チェーン&スプロケット

ガンガン乗ってないからかそんなに汚れてない?いや、微妙に汚れてる。
まずはチェーンを洗います。
チェーン洗浄用のブラシを装着しグルグル

慣れていないと、こうなります。チェーン外れ!!

今回は特別に手伝ってあげて、チェーン洗浄完了。

フレーム洗車。自分でできるようになってほしいのでやり方だけ教えて、あとは見守ります。
女子1人で頑張ってます。

最期は忘れずチェーンへの給油。
もちろん、自分でやってもらいます。

終了~
after

チェーン&スプロケット

まるで新品のように綺麗になりました。
これで来シーズン気持ちよく走り出せますね!

来シーズンは天気に恵まれますように…


Vitz & 86/BZR Dream Cap 2016 Part 2

| ネッツ富山レーシング


ネッツ富山レーシングクラブです(^O^)/

前回に引き続きスタートから表彰式までをレポートします

予戦16位で出た86チーム

3人のドライバーがそれぞれ2回スティントを走行し

給油4回の作戦です。スタートから中盤までは

おおよそ予定通りの走りをしています

予戦15位で出たヴィッツチーム

スタート直後の混戦で20位まで順位を

落としてしまうが、高長の頑張りで15

まで戻し、燃費も問題なく走行してます

ここでピットインについて説明します

ピットインは手前白線からピット出口

白線までを7分間が所要時間となり

7分間を満たさない場合はペナルティが

課せらるため、タイムキーパーが必要となります

また手前白線より給油出口白線までは

エンジン止めなければならないため

クルー達の人力での移動となります

人数制限が無いため多い方が有利です

中には1人で押しているチームも有りました

86に比べヴィッツは軽いので

人数は少なめでも大丈夫(●^o^●)

続いてピット作業に入ります

ここではドライバー交代も(^O^)/

今回はタイヤ交換も実施です

ピットクルーには人数制限が有るため

色々なパートを受け持ちます(*^_^*)

ドライバーとの作戦確認!(^^)!

7分間のピット作業が終了しコースへ出て行きました

続いて10分後

今度はヴィッツがピットインです

ヴィッツへ手を振って場所を誘導します

ヴィッツはフロントタイヤのみ交換

ドライバーから空気圧変更の指示!(^^)!

タイムキーパーの細かい指示が飛ぶ

しっかりと7分間を使ってコースへ戻ります

ピット内では目まぐるしく変わる順位を

モニターから目が離せません(>_<)

一回目の走行を終えた高長ドライバー

今日は調子がさそうです(●^o^●)

中盤から91号車にピッタリ後ろに付かれ

燃費を稼がれているようで徐々に苦しい

走りになってきました(>_<)

4回目のスティントで小原良い走りをしていたので

予定よりも多く走らせ燃費を稼ぐ作戦に(^O^)/

最終ドライバーを変更

3位入賞を小原に託す(●^o^●)

3位争いがヒートアップする中またもピッタリ後ろに付かれ

その間に別の車にも抜かれしまい4位へ

ラスト3周!!

『 このままでは負ける 』

そしてガス欠寸前の123号車へ

本部が出した指令

『 4位とガス欠では同じ 』

『 ガス欠覚悟のフルアタック!

この指令を聞いた小原は

なんと147周目でベストラップを叩き出し

3位でチェッカーフラッグを受けたのです

感動200%涙涙のウイニングランとなりました

ヴィッツチームは

燃料残にも余裕を持って

終盤に入りました(●^o^●)

西日を浴びて激走する123号車!

ラスト周目に他チーム86との接触(>_<)

30秒のタイムロスが有ったが

順位を落とすことなく13位フィニッシュ!

過去最高順位最高周回数完走

レース後には1チームのみに送られる

『 フェアプレイ賞 』も頂きました

小松選手(^O^)/

杉林選手(^O^)/

そして小原選手です(^O^)/

シャンパンが渡されました(●^o^●)

シャンパンファイ(^O^)/

3位入賞

おめでとうございますヽ(^o^)丿

そしてヴィッツチームには

『 フェアプレイ賞 』

6時間のレース中

後方から迫る車に常に道を譲ったりした

走行が認められました(●^o^●)

表彰式を下から見つめる

ピットクルー達

みんな嬉しそうです(*^。^*)

表彰式の後は

全員で後片付け(~_~;)

レース用タイヤでは帰れないので

スタッドレスタイヤに履き替えです

たくさんの荷物を収納するには

入れ方に工夫が有ります(●^o^●)

最後は全員で

記念撮影(^O^)/

ネッツ富山レーシングクラブ

2016の活動も今日で終了!!

ヴィッツは来シーズンも出走します(^O^)/

86モデルチェンジに伴い

今日が最終レースとなりました。

長い間お疲れ様でした<m(__)m>

来季からは

新型86で参戦しま~す(●^o^●)

また来年も期待して下さいね!!!


Vitz & 86/BZR Dream Cap 2016 Part 1

| ネッツ富山レーシング


20161218日(

GOOD YEAR

Vitz  86/BRZ Dream Cup 2016

6時間耐久レース

Fujispeedwayにて開催されました

Part 1では早朝5時から

スタート直後までをリポートします

早朝時にホテルを出発

30分のゲートオープンを待って

ピットに入ったクルー達は

レース車両のタイヤ交換からスタート

まだ外は真っ暗の中

ピットの灯りだけでの作業です

次にフル充電のバッテリーに交換

TV収録の中

少し緊張気味

これはタイヤトレッドにへばり付いた

ゴムカスをドライヤーで温めての

撤去作業

地道な作業なんです

作業も一段落

車検前の朝食のひと時

オニギリだけで大丈夫

外も段々と

明るくなって来ました

ガソリンを1ccでも多く入れるために

色々な工夫をします

下に潜って蹴ってるの?

リッジトラックが有るので安心して下さい

揺さ振り攻撃!

なんとか満タンになりました(●^o^●)

せっかく苦労して満タンにしたので

車検会場への往復も人海戦術

ヴィッツが車検に入る頃

日の出が近づいて来ました

赤く染まった紅富士

この瞬間がタマラナイ(^O^)/

交換用タイヤも全て検査を受けます

予戦スタートを間近に

ドライバーを交えた

最後のミーティング

このミーティング意思疎通大事です

司令塔ドライバー最後の打合せ

スタンバイOK!

ヴィッツドライバーは

左から高長選手、瀬戸選手、野村選手です

3人共ヤル気満々(^O^)/

86ドライバー

左から小松選手、小原選手

こちらも『 任せておけ!』 って感じです

小松選手のヘルメット

これだけでも早そ~(*^_^*)

小松選手86に乗り込みました

どこから見てもスキは無し

何かやってくれそうな予感です

こちらはヴィッツドライバー高長選手

風格が出てまいりました(●^o^●)

本日参加のピットクルー

全員集めてのミーティング

細かな連携が時間短縮

この細かいチェック

後から役に立つんですよね)^o^(

予戦に出て行った2台を見送った後の

至福のひと時なのだ(*^。^*)

予戦終了後

ピットに戻ったレース車両の

オフィシャルチェックです(>_<)

公式予戦結果を発表しま~す!!

123ヴィッツ28台中15

123 8621台中16

この結果も作戦の内(^O^)/

予戦が終わって

ピットへ激励に来てくれたGYガール

このサプライズ

高長ドライバーも

デレデレでした(*^_^*)

みんなで記念撮影

本戦へ86スタート!

続いてヴィッツスタート!

スタートセレモニーに向けて

ピットクルー達も変身(^O^)/

ピット前に全員集合!!

スタートグリッド前にて

記念撮影(●^o^●)

レースクイーンも素敵です(●^o^●)

ヴィッツ前にはペンギン軍団終結!!

TVカメラに答える

高長ドライバー(^O^)/

いよいよスタート間近!!

クルー全員で応援歌合唱

ピットへ戻る途中

ネッツ石川んの

ナナガールズ

表敬訪問(*^_^*)

AM10

時間に亘る

耐久レースがスタートしました

熱戦の模様は

PartⅡでお知らせ致します

待っててね~(^O^)/