ネッツトヨタ富山 ネッツのクラブ活動ブログ

前半戦、レースでやってはいけないパート①

| ネッツ富山レーシング


野Mさんからバトンを受けたセカンドドライバーの亀D、緊張か?不慣れなのか?微妙にタイムが安定しません。

なんと最初の方は2分30秒台!! しかしさすがは20代、後半は2分26秒台までタイムを縮めます。

 

 

戦略上亀Dの周回数は10周、あっという間に給油とドライバー交代がやってきました。

はじめての給油は何の問題もなく順調に消化。 スミマセンシャシンガアリマセン

 

 

 

サードドライバーは瀬T元助監督、 前日のお酒を控えめにし準備万端です。

3年ぶりの国際サーキット、大丈夫でしょうか? 

 

タイムキーパーからの指示でピットを飛び出していく123号車、これから起こる悲劇も知らないで・・・。

 

 

2分22秒~24秒台で順調にいたわり走行を続ける瀬T元助監督にピットクルーから緊急連絡が!!

 

 

チーフメカニック渡N  「123号車にピットストップペナルティーが出てます!!、次の週ペナルティーエリアで止まってください!!」

 

瀬Tドライバー     「何秒間のペナルティーストップ??」

 

チーフメカニック渡N  「1秒です!!」

 

瀬Tドライバー     「1びょ~ぅ!!」

 

 

なんとさっきのピットインで「給油をすると10分間コースインできないルール」をあまりにもぎりぎりでスタートしてしまったため、スタートライン通過時の消化時間がまさかの9分59秒!!

 

 

計算上約1分のロスタイム、あせるとよくないですね~ アアアアア~

 

 

 

 

次回 異音発生!?、レースでやってはいけないパート② 編へ続く・・・

 

 

 


ブッ飛ばすファーストドライバー、そして始めてのピットイン編

| ネッツ富山レーシング


午前10:00レーススタート!! 緊張のVITZドリームカップ6時間耐久レースが始まりました。

今回の耐久レースはオープニングラップの混乱をさける為か、レースでは珍しいローリングスタートが採用されました。

各車両当然ながらのっけから全開です!!

 

 

ファーストドライバー野Mさんの予定周回数は20週、まずは現在の順位をキープすることが目標。

 

 

 

予選25位だった123号車の周りは、たった1秒の中に11台がひしめく大混戦スタート。

 

 

広い富士スピードウェイのメインストレートなのに、GWの東名高速道上り線並みの車間距離での戦いに!!

スタートしてから約40分経過、最初のドライバー交代が後数週でやってきます。

ここでの順位は27位、ほぼポジションキープ。

タイムも2分20秒~22秒とかなり飛ばした野Mさん、あとちょっとで休憩できますよ~

 

 

 

 

さあ、記念すべき耐久初ピットイン!!ピットクルーの見せ場がやってきました。

すばやいピット作業とドライバー交代でロスタイムを最小限に止めます。

 

 

 

セカンドドライバーはスーパールーキー亀D!!

亀Dの予定週回数は少な目の10週、無事に帰ってこいよ~

 

 

 

 

次回 前半戦、レースでやってはいけないパート① 編です


みんなでコースイン? チーム全員でスターティンググリッド編

| ネッツ富山レーシング


無事エースドライバーの野Mさんにより、予選25位とまずまずのポジションに付けた123号車。

いよいよコースイン、ファーストドライバーは経験豊富な野Mさんに決定!!

気温も気分も上昇してきました、スタートから全開で攻める作戦です。

 

 

 

スタートする前はスタッフ全員コース内にて、最後の激励や準備が認められております。

今回初参加のスタッフは当然コース内は初めて。

 

数々のレーシングカーがー全開で通り抜けたホームストレートに入ることができ、感動するスタッフも・・・

 

 

スタッフの一人がコースイン?の記念にスターティンググリッドをパチリ!!

 

 

野Mさん大事なオープングラップ、よろしくお願いします!!

 

 

 

 

次回 ブッ飛ばすファーストドライバー、そして始めてのピットイン編  へ続く


恐ろしく速いトップチーム、どうなる123号車 編

| ネッツ富山レーシング


AM8:00とうとう始まってしまった公式予選。

 

たった15分と短い時間の中、ラップタイムの速い順で決勝スタートポジションが決まります。

作戦ではアウトラップを含め6周、3週~5週目にアタックする予定。

 

ガソリン満タン・タイヤ新品・とても寒い の3拍子そろった条件なので無理せず2分20秒が目標です。

 

 

 

3周目には予定通り2分20秒台をマーク、ほぼ狙い通りのタイムでちょっと安心です。

こうなってくると当然気になる他のチーム、忙しくて気が付きませんでしたが場内アナウンスでは、なんだかトップタイムがどうとかでどえらい大絶叫してます。

 

 

場内アナウンス 「○○○号車がまたトップタイムを塗り替えました!! なんと2分15秒353!!」

 

 

 

 

 

エー !!! 2分15秒353 !!! 予選スペシャルセッティングなの??

な・・なんとVITZレース関東シリーズ並みのスーパーラップ!!

戦略上ガソリン満タンのはずなので、考えてもいなかったタイムに呆然・・・

 

本当に今日は耐久レースですよね?? ガイキオン2ド

 

 

 

そんなこんなで当社123号車は大健闘の予選25位 パチパチパチ

まずまずのポジションで無事予選が終了しました。

 

さ~て決勝へ向けての最終確認だ~次はピットが忙しくなりますよ~

 

 

 

 

 

次回 みんなでコースイン? チーム全員でスターティンググリッド  編へ続く・・・

 

 


予選開始直前、高まる緊張と冴え渡る梅Zマネージャーの采配

| ネッツ富山レーシング


早朝5:30富士スピードウェイ西ゲート前に集合したチーム一同。

先発隊の先導でAパドックへ、早速荷物をガレージに搬入します。

 

 

ピットクルー中心の9名は前日の21:00に会社を出発!! 徹夜でここまでやってまいりました。

過去にはF1でも使っていたガレージ内、眠たいのか感動する暇もなくなぜかピクニック状態??

 

 

 

 

そうこうしているうちにもう6:30、富士スピードウェイに日が差してきました。

 

すでにVITZは準備万端、車両チェックの時間です。

無事車両チェックをパスし予選開始まで残り30分、今回の作戦を話し合います。

 

 

 

 

梅Z敏腕マネージャー

「予選ではまだ気温が低いしタイヤもほとんど新品状態なので、15分しかない短い予選では最初よくタイヤがすべると思います」

「予選ドライバーは普段からVITZラリーに参戦していて、滑ろうが何しようが大丈夫な野Mさんにお願いします」

 

 

野Mさん

「えー・・・このコース2年ぶりなんだけど~この間走った亀Dにしたら?」

 

 

梅Z敏腕マネージャー

「とりあえず作戦上燃料も満タンで車も重いし、スプリントレースじゃあないんであまり順位にはこだわりません!!」

 

 

野Mさん

「そこまで言うなら・・・いっちょがんばってくるか」

 

 

 

 

 

こんな感じで予選ドライバーは野Mさんに決定~、続いて本日の給油・タイヤ交換・ドライバー交代の作戦が発表。

耐久レース6時間分の作戦をすべて書くと長いので・・・かなりざっくりと・・・

 

40代 野Mドライバー

常に新品タイヤで6700回転OK♪♪ 好きに走ってもらう。

 

 

20代 亀Dドライバー

ぶつけないよう壊さないようほかに迷惑かけないよう走ってもらう。

 

 

30代 瀬Tドライバー

6000回転以上回さない(直線は6700回転OK)・タイヤ交換もなし・エンジンとミッションいたわり走行。 ナンダカサガナイ?

 

 

ピットクルー

給油は4回・Fタイヤ交換2回・Rタイヤ交換1回・怪我に注意!!実はその他たくさんあります。

 

 

 

梅Z敏腕マネージャー

「最後に一番大事な今回の作戦名が決まっていないのだが・・・・・・・」 オヤクソク

 

 

一同

「そろそろ時間です準備を始めましょう!!」

 

 

梅Z敏腕マネージャー

「・・・・・・・・・・・・・・」

 

そんなこんなでついに始まる予選、快晴の富士スピードウェイで予選順位もさわやかに決められるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

次回 恐ろしく速いトップチーム、どうなる123号車   編へ続きます