Now Loading...

CALENDAR

  • 定休日

  • 新着情報

  • テレビ・ラジオ

CLOSE

特製バンバンボード完成! – CLUB ACTIVITY BLOG

特製バンバンボード完成!

Dec 13, 2018

 

NETZ TOYAMA Racingは毎年12月に富士スピードウェイで開催されるドリームカップ6時間耐久レースへ参戦しています。

 

この時期はいつもレースへ向けての準備がとても忙しいのですが、実は毎年同じ課題があったのです。

 

「サインボードをどうするか」

 

いつものレースならば2台同時に走ることはないのでサインボードは一つで問題ないのですが、耐久レースは86とVitzの混走でネッツ富山は両方エントリーしているため二つ必要なんです。

 

 

そこで今回、「サインボードを作ろう!」ということになったので、サインボードができるまでの奮闘をお伝えします!

 

まずは材料(ホームセンターや手芸センターで購入)

カラープラボード・イレクターパイプ・ゴム紐(手芸用)・マジックテープ・接着剤・油性マジック・ボルト・ナット など

 

必要工具等

ドリル・カッター・はさみ・ものさし(長いもの)・時間・やる気・あきらめない気持ち

 

 

まずは必要な分カラープラボードを用意します。(画像は切ったあとのもの)

 

 

イレクターパイプを組み立てて枠を決め、サイズを図ったらプラボードをカッターで切り加工していきます。

数字はデジタル数字で表現するため、プラボードでひし形もたくさん作ります。

 

 

まず上部のゼッケン部完成

 

 

次にサインの部分を作ります。

背景となる黒いプラボードを枠に合うように同じように加工します

 

 

イメージを決めたら

目立つ色のプラボードをサイズを合わせ大量につくります!

 

 

 

裏面を黒くしていきます

 

 

これを必要分作成したら、ボードに穴をあけゴム紐で固定します(裏面でゴムを結ぶ)

この辺りの作業に一番必要なのはあきらめない気持ちです(笑)

 

 

 

だんだん様になってきました

 

 

 

あとは枠にボルトナット等で固定したら完成!

出来上がりはこんな感じです!!いかがですか?

 

 

 

 

 

ここでさらに、耐久レースでいかなる状況でもドライバーにメッセージを送れるよう裏面を工夫!

なんと全面マジックテープにしちゃいました。

その完成形がこちら!

 

※バンバンとは富山弁で「完璧」や「万全」という意味

 

 

ゼッケンの背景も緊急を表す赤色に!

黄色のひし形パーツを大量生産し(100均の)貼付けタイプマジックテープをつけました!

これでどんなメッセージも書けちゃいます。

 

 

 

イメージとしてはこんな感じでした。(完成前の画像)

 

 

以上、いかがでしたでしょうか?

この手作りのサインボードを使って、今週末の耐久レースは2年連続の優勝目指して頑張ってきます!

 

 

また、Vitzには4人のドライバーが出場しますが、全員が当社のエンジニアです!

力を合わせて全員で戦ってきます!皆様の応援をよろしくお願いします!

share