Now Loading...

CALENDAR

  • 定休日

  • 新着情報

  • テレビ・ラジオ

CLOSE

お客さまからの新型車レポート!(新型RAV4篇②) – STAFF BLOG

お客さまからの新型車レポート!(新型RAV4篇②)

Apr 24, 2019

新型RAV4には、2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載する「ガソリン車」の他、新型2.5Lハイブリッドシステムを搭載する「ハイブリッド車」がラインアップされています!新型E-Fourも採用へっ!


IMGP6706-13 (1).JPG

>>ボディカラー:センシュアルレッドマイカ(3T3:メーカーオプション)

トヨタ・新型RAV4 HYBRID G(E-Four)@フロントビュー

ハイブリッド車は、上級装備が充実した「HYBRID G」と、スタンダードな「HYBRID X」の2タイプが用意されています。→駆動方式は、HYBRID Xは、2WDとE-Four(4WD)から選択可能で、HYBRID Gは、E-Four(4WD)のみの設定となります。低燃費・優れた動力性能が魅力!


IMGP6706-13 (28).JPG

新型2.5Lハイブリッドシステム@新型RAV4


パワートレインには、高圧縮比・ロングストローク化・高効率吸気ポート・直噴インジェクタが採用された「新型2.5Lダイナミックフォースエンジン(2.5L直列4気筒:A25A-FXS)」が搭載。こちらに小型・軽量・高効率化が図られたハイブリッドシステムを組み合わせた「リダクション機構付THSⅡ」が採用されています。…システム最高出力は、E-Fourモデルで、163kW(222PS)を発揮!


IMGP6706-13 (29).JPG
IMGP6706-13 (30).JPG
IMGP6706-13 (8).JPG

ハイブリッド車は、ガソリン車とは異なりまして「電気式無段変速機+6速シーケンシャルシフトマチック」が搭載されています。また、電気式4WDシステム「E-Four」も導入となりまして、後輪トルクの出力が高められていまして、降雪時等での登坂発進性も向上しています。


IMGP6706-13 (27).JPG
IMGP6706-13 (11).JPG
IMGP6706-13 (10).JPG


前後輪トルク配分は100:0~20:80まで制御可能な新制御も採用されていまして、コーナリング時の操縦安定性が高められています。また、前後輪トルク配分量は、メーター内のマルチインフォーションディスプレイにて確認できます。→WLTCモード燃料消費率:20.6km/L(E-Four車)。


IMGP6706-13 (18).JPG

トヨタ・新型RAV4 HYBRID G@フロント

   

ハイブリッド車は、専用エクステリアが採用されていますのでこちらも要チェックです!フロントには、ハイブリッド車の特徴でもありますシナジーブルーを採用するトヨタエンブレムが装着されています。また、今回、プロジェクタータイプの「Bi-Beam LEDヘッドランプ」がハイブリッド専用装備として設定に!


IMGP6706-13 (17).JPG
IMGP6706-13 (13).JPG
IMGP6706-13 (14).JPG


ガソリン車では、3連パラボラLEDユニットが採用されていましたが、ハイブリッド車では、1灯の光源でロービームとハイビームの切替を可能としたBi-Beam LEDが採用されています。クリアランスランプもハイブリッド車はCシェイプとなるデザインで、表情が異なります。…デイライト機能付となります。


IMGP6706-13 (15).JPG
IMGP6706-13 (16).JPG
IMGP6706-13 (12).JPG



足元には、G系グレード共通の「225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)」が装着されています。ホイールはハイブリッド車とガソリン車共通デザインとなります。また、展示車両では、ダンロップ GRANDTREK PT3との組み合わせとなっています-。


IMGP6706-13 (5).JPG

トヨタ・新型RAV4 HYBRID G@リヤ

      

リヤもフロント同様に、ハイブリッド車を印象付けるシナジーブルーが配されたトヨタエンブレムが装着されています。バックドア右下側には「HYBRID SYNERGY DRIVE」バッチも装着されています。※平成30年排出ガス基準75%低減レベル認定、2020年度燃費基準+50%達成車。


IMGP6706-13 (6).JPG
IMGP6706-13 (7).JPG
IMGP6706-13 (2).JPG



リヤシート座面下には、動力用ニッケル水素電池(6.5Ah)が搭載されていますが、ガソリン車同様のラゲージ容量580Lを実現しています。また、2段デッキボードも同様に装備されています。
※リヤシート座面はガソリン車とは異なり、運転席側にバッテリー冷却用吸気口が備わっています。


IMGP6706-13 (3).JPG
IMGP6706-13 (19).JPG
IMGP6706-13 (20).JPG

インテリアもハイブリッド車専用装備が充実していまして、ハイブリッドシステムインジケーターを備える専用メーターパネルをはじめ、POWERスイッチ、S-FLOWを備えるフルオートエアコン等が設定されています。また、シフトノブ等の基本操作部はガソリン車と共通となりますのでこちらも注目です!


IMGP6706-13 (21).JPG

新型RAV4 HYBRID G@インテリア

      

メーターパネルは、G系グレードに共通する7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが備わります。ハイブリッド車では、ブルー照明とブルー色の針により、洗練されたデザインとなっています。→パネル右側に、ハイブリッドシステムインジケーター、右側に燃料計等が表示されます。


IMGP6706-13 (31).JPG
IMGP6706-13 (23).JPG
IMGP6706-13 (24).JPG



ドライブモードセレクトは、ハイブリッドのE-Four車のみ「ダイヤル式」となります。また、ハイブリッド車のE-Four車には、スタックした際の脱出をサポートする「TRAILモード」も備わり、EV MODEスイッチも装備されます。この他、ハイブリッド車の給油口解錠スイッチは、電気式スイッチになりますよ~っ!


IMGP6706-13 (26).JPG
IMGP6706-13 (25).JPG
IMGP6706-13 (22).JPG

presented by ネッツトヨタ富山 魚津店

share